放浪軍師のアプリ開発局

Xamarin.Formsを使ってAndroid,iOS,UWP,WPFで動くアプリを開発したりしています。他にもいろいろやってます。尚、このブログはわからないところを頑張って解決するブログであるため、正しい保証がありませんのでご注意ください。

NeosVRに未来を見たのでRaspberry Piで燻製IoTを作る事にした

新年あけましておめでとうございます。4月になって今年初投稿であるということに驚きを隠せない放浪軍師でございます。みなさん如何お過ごしでしょうか?私はまぁ、在宅ワーク100%で引きこもり生活をしつつも、乱ちゃんProjectに同項目複数抽選の追加依頼があったので対応したり、ウマ娘にハマったりと色々しておりました。マックイーンかわいい。

さて、そんな日々を過ごす中で今回、新たな企画を立ち上げたいと感じたのでその構想について書いておこうと思います。

NeosVRに未来を見た

2月の中旬ごろ、なにやらソーシャルVRプラットフォームである NeosVR というものが面白いらしいという話題を聞きつけて、ふらっと行ってみました。ソーシャルVRプラットフォームと言えば VRChat というものが非常に有名で、これはこれで素晴らしいのですが、一つ大きな違いがあります。それはNeosVR は VR 世界の中でものづくりができるという事。どういう事かというと、VRChat では Unity などを用いてオブジェクトを作成しそれを VR 世界に持ち込むことができます。つまりコーディングなどは当然デスクトップ上で起動した Unity で行われ、その改修も当然 Unity で行うことになります。VRChat では作られた VR 世界に入る事はできても、その VR 世界内で VR 世界を構築したり改修したりできないという訳です。

それはある意味当然ですし何も疑問に感じたことはなかったのですが、この NeosVR ではなんと VR 内で VR の世界を構築改修できるのです!!!文章で説明してもよくわからないと思うと思いますが、つまりはこういう事です。

これはもうものすごい事だと感じましたね!目の前にウィンドウを複数開いてのコーディング!!!まさに未来のプログラミングだとは思いませんか?ちなみにこのツイート画像は私が乱ちゃんの姿を借りて NeosVR の世界に入り、ふらっと居合わせた親切な方々に教えて貰いながらコーディングをしているところになります。VR世界でコーディングするという事は、こうやって不特定多数で集まってコーディングができるわけですね。しかも肉体的には非接触なので With コロナ世界とも非常に相性が良いです。素晴らしい!!!こんなお仕事してみたい!!!

Raspberry Piで燻製IoTを作る

みなさん突然ですが燻製は好きですか?私、実は燻製が趣味でしてTwitterでもたまに燻製作成過程をツイートしたりしています。

燻製のやり方にもよりますが、ベーコンを作る場合は最下部に仕込んだ電熱器の上に木のチップを設置し、電熱器をONにすることでチップを熱して燻煙を上げスモークします。この時問題になるのが箱の内部の温度で、温度が上がりすぎるとベーコンが焼き豚になってしまいます。それを防ぐため燻製用の箱の上に取り付けているサーモスタッドで、一定温度を超えると電熱器の電源がOFFになるようにしてあります。便利だね。

ただ、温度の確認や、燻煙がちゃんと上がっているか確認するには目視するしかないので、一定間隔で外に出て様子を伺う必要があります。これはめんどいね!

…というわけで、この燻製器に Raspberry Pi をあれこれして IoT 燻製器に改造してやろうとたくらんでいます。仕組みとしてはこんな感じかな?

f:id:roamschemer:20210409233413j:plain:w350

そしてクラウドサービスを介してデータを収集および操作できるようにすれば、スマホで燻製器の様子を伺う事が出来るようになります。温度設定や緊急停止。燻煙が消えたら通知が来るようにするなんてのもいいかも!いやぁ夢が膨らみますなぁ!!! そして燻製好きにバカ売れしたらがっぽがっぽでうひひひひ

NeosVRに未来を見たのでRaspberry Piで燻製IoTを作る事にした

さて、やっと本題です。VR の話をしていたのに何で唐突に燻製の話が出てきたんだと思われたことでしょうが、ちゃんと理由があります。安心してください。

NeosVR の世界・・・ものすごいです。まだそんなに体験できた訳ではありませんが、すごすぎます。完全に未来です。そんな中でも私が特に注目したいと感じたこと。それは NeosVR の世界内からは WebAPI を叩くことができる という事。

VR 世界から WebAPI を叩くことができる…という事はですよ?

VR 世界から現実世界(IoT機器)に交渉できるという事です!

例えばこの燻製IoTと接続すれば、燻煙が出ている間だけ煙が出る煙突や、電熱器緊急停止ボタンをVR空間内で作って設置して使用できるわけです。これって本当にすごいことだと思いませんか???私はこの NeosVR と IoT の関係に未来を見ました。*見てしまいました。だからその試作機としてまずは燻製IoT機器を作るのです。

ーーー VR の世界で燻製を作る ーーー

放浪軍師による新しいチャレンジのスタート!!!です!!!