放浪軍師のXamarin.Formsアプリ開発局

Xamarin.Forms+Prism+ReactivePropertyで素人がAndroidやUWPのアプリを右往左往しながら開発している様を発信していきます。性質上間違いも多いのでご注意ください。

MVVMについて学んでおこう

放浪軍師のXamarin.Formsによるアプリ開発

今回は、MVVMについてです。

まず、初めて訪問された方は以下をお読みください。

www.gunshi.info

 

MVVMって何なのだ?

いろんなサイトを見て回って理解した部分を簡潔に紹介します。間違ってるかもしれません。

 

MVVMとは?

MVVM(Model-View-ViewModel)とは、画面構成(View)、画面構成とルーチンの橋渡し(ViewModel)、ルーチン(Model)の3カテゴリを奇麗に分離してわかりやすくしようという概念。Xamarin以外でも用いられるらしい。ViewとViewModelはデータバインディングのみで繋ぎ、ソフトウェアの挙動は、ModelとViewModelとのやり取りだけで完結させる。なお、その手助けをしてくれるのがPrismである。

 

…うーん、こんな解釈であっているのか少々不安ですが、まぁ当たらずとも遠からずな感じだと思います。

 

 データバインディングとは?

アプリ操作者があるデータを書き換えた場合、自動的にその情報と連動する機能。例えばステータスバーを動かすと同時に自動的にそのステータスバーの%がラベルに表示される…など。MVVMの概念で言えば、Viewの情報を書き換えた時点でViewModelに反映される為、ModelからはViewModelだけを見れば良い事になる。

 

…って事であってるんかなぁ?

 

さて、簡単な記事になっちまいましたが次回からはいよいよコーディングを開始ですよ!